階段とは

暮らしのなかにある
自由の創作場

階段とは、住まいの生活動線と空間の活用を思い描きながら、個性あふれるライフスタイルに導かれた意匠性を施すことで住まいをより豊かなものに進化させる存在です。
間取りや水廻り設備と同じように家族の暮らしを想像して自由に創作しましょう。

空間をつなぐ移動装置

住まいの多様なスペースをつなぎ、スムーズな移動をサポートする階段。点をつなぐように動線を考えながら設置できます。

空間を魅了する意匠性

自分らしいデザインを反映できます。住まいのテーマや雰囲気に合わせたり、主役級に存在感のある階段など、個性を光らせて遊びましょう。

空間を活用する機能性

意外性のある機能とも組み合わせることができます。限られた空間をかしこく活用して暮らしの幅を拡張しましょう。

階段を知ろう 

階段にはボックス階段とオープン階段という構造上の分類があります。

ボックス階段とは、階段の両側面が壁に接していて、主に壁の中の構造材で階段を支えている階段です。その呼び名は間取り図に建物の上階と階下を垂直に結ぶ階段室が生まれることに由来します。オープン階段とは階段の両側面または片側に壁がなく、桁などの構造材を用いて階段を支えている階段です。

オープン階段は、多くの場合、階段を支える構造材がむき出しになっていることから、建築用語で建築物の骨組み構造を意味する「スケルトン」という言葉を使ってスケルトン階段とも呼ばれます。開放的で明るい空間を演出できるメリットがありますが、造作する場所によっては冷暖房効率を著しく悪化させたり、必要設置スペースが大きいため建築面積が小さいと設置が難しいというデメリットがあります。

ボックス階段は、省スペースで設置できるというメリットから、元来狭小だった日本家屋で古くから用いられてきた方法です。壁に囲まれた階段室を設けるため暗くなりやすいというデメリットがあります。

階段づくりでは、建物の立地や工法、建築面積など様々な要素とも相談しながら、自由なアイデアを織りこんでいくことがとても大切です。心安らぐ住まいの素敵な階段は、オープン階段でもボックス階段でもアイデア次第で実現できます。さあ、階段の魅力と可能性を最大限に活かす家づくりを始めましょう。

Pick up

階段用語をチェックしよう!

●段板
床面に対して平行で、足を乗せる板。木の種類やデザインを変えて楽しむ。

●ケ込み板
床面に対して垂直で、段板と段板を縦に結ぶ板。色をつけたりスケルトンにもできる!

●桁
段板を支える板。段板を差し込んだり、真ん中で支えたりと、支える方法にも種類がある。

Propose by TAHARA

タハラの挑戦

住まう人の理想を叶える

広い庭からの自然光を楽しみたい家や、上方向の空間を利用した家など、こだわりの点は住まいによって異なります。わたし達タハラは、その住まいへのこだわりを汲み取って、階段が生活を豊かにする役割を果たせるような提案を行っています。

確立された技術力と発想力

技術の進化を積極的に取り入れることにより、階段の概念を更新し続けています。更に社員一人ひとりが創造者になることで時代によって変化する住まいにいち早く対応しています。住まう人が満ち足りた気持ちになる住まいを実現して、暮らしが広がる未知なる階段の創出に勤しんでいます。

StairNEO+

みなさんが思い浮かぶ”普通の階段”を超えた
意匠性の高い設計をご紹介。
見るときっと上りたくなる新しい階段がまっています。