失われた技術と捨てた技術?!世界のロストテクノロジー

物流資材課の小林です。

 

皆様もご存じの島根県「出雲大社」の本殿は、大昔は今よりも倍以上高い場所に存在していたのでは?

という研究があります。

高さにして48m。一般的なビルの約15階に相当する高さという程でした。

 

 

その当時の技術力がどれほどのものだったかは、

文献などを調査してある程度解明されたりしますが・・・

 

 

このようなロストテクノロジーは世界中にもあり、

聖ヨゼフのらせん階段やピラミッドなどなど多くありますね。

階段のタハラなので、階段的なロストテクノロジーにはロマンを感じてしまいます。

余談ではありますが、戦艦大和の主砲もロストテクノロジーらしいですよ!

でも、この技術はもう必要ないから「失われた技術」というより「捨てた技術」と考えるらしいです。

 

今回は以上になります。

ありがとうございました!!!