匠の技

生産管理課の蓮尾です。

 

一昨年行った岡山の大原美術館で匠の技を見ました。

レトロなステンドグラスや凝った細工の手すり、そこへ窓からの光が差し込み、階段が素敵な空間になっていたのをよく覚えています。

 

倉敷とことこ – 「倉敷の今」を伝えるWEBメディア (kuratoco.com)

 

匠の技といえば、タハラ加工場にもスゴ技の職人がおり、組上がった商品を見せてもらうたびに感動します。

職人達は長年の経験で、難しいカーブを描く滑り台を狂いなく繋げ製作することが出来ます。

 

 

写真の滑り台は四国の美術館に納品されますが、たくさんの子ども達が滑り遊ぶ姿が想像でき、大人も滑れるなら、ぜひ私も滑ってみたい!!

コロナが終息したら、その美術館にも遊びに行ってみたいと思います。