一本桁に見せたスケルトン階段

営業の平田です。

 

今回は、「3段回り段板を壁にのみ込ませず、オープンにしたい。桁を1本に見せたい。」

とのご依頼があった時のお話をさせていただこうと思います。

 

まず、3段回りをオープンにしたいとのご要望については、

壁を作らず、段板下から鉄柱で支えました。

 

 

 

また、桁を1本に見せたいとのご要望については

桁を2本並べ、正面と裏から板を貼ることで綺麗に一本の桁に見せました。

 

 

 

設計のイメージも崩さないように、ご相談しながらご提案させていただきました。

 

「イメージ通りの階段ができた」とお客様には大変喜んでいただきました。

営業として、ご提案させていただく楽しさとやりがいを再確認できた現場になりました!