研磨工程

製造課の白井です。

 

私は今年の3月から、本社工場の1階で「木取り」という工程の研磨を担当しています。

研磨とは、木材の製品に磨きをかけてきれいに仕上げる事です。

 

私がやっている研磨は、3種類あり、

1つ目は側面サンダーという機械を使って、板状の製品の側面のみを磨く研磨です。

 

 

2つ目は、ワイドサンダーという機械を使って、板状の製品の表と裏のみを磨く研磨です。

板の厚みを揃えたり、表面の凹凸を整えたりする工程でもあります。

 

 

最後に、傷や打痕がないかを確認しながら仕上げをする手研磨があります。

 

 

私は主にワイドサンダーを担当していますが、研磨をする際、

機械にセットされているサンドペーパーが製品に均等に当たっているか、

磨いた製品に凹凸が残っていないか等を確認し、凹凸のあるものは再度ワイドサンダーで磨いたり、最後の手研磨で仕上げています。

 

 

気温が上がり、熱中症や脱水症状に注意が必要な季節になりました。

水分補給や体調管理に気をつけて、より良い製品をお客様に届けられるように頑張りたいと思います。