全面FIX窓とスケルトン階段

営業部の石﨑です。

 

今回は、階段の壁面を全面FIX窓にした現場でのお話をしようと思います。

通常、回り階段の上段部を固定するには、踊り場を2面壁納まりで固定し、更に階段内側に支える柱が必要です。

しかし、今回は階段奥の全面FIX窓を最大限に活かしたいとの事から、踊り場壁1面納め、更に柱もなしにしたいとの事でした。

壁1面で柱もない納まりとなると、やはり強度的に難しい問題がありました。

イメージ通り納めるにはどうするのがいいか設計士様、大工様と共にご相談させていただきながら進めました。

不安要素が沢山ありましたが、

「問題が出れば柱を入れるなどの対応をすればいいだけだから大丈夫。やってみましょう!」

と設計士様に心強いお言葉をいただき、限界に挑戦することが出来ました。

その結果、イメージ通りの壁1面納め・柱なし・段鳴りなし・揺れなし・たわみなしで問題はなく、最高の形で納めることが出来ました。

 

 

可能性にチャレンジする設計士様の探求心や、

「桁が重いわ~」と言いながらも「たいしたことないよ。」と笑って話されていた大工様の施工技術には感銘を受けました。

 

設計士様、大工様と一緒に悩み考え、挑戦できたことはとても刺激になりました。

これからも色んな階段に挑戦していきたいと思います。