木を基調とした温かい階段

営業部の林です。

 

「とにかく家全体を、木を基調とした家にしたい!」

ということで、今回ご紹介するお客様は木組みが特徴的な格桁(ごうげた)を採用されました。

また手摺は、最近よく使用されるスチール製の手摺ではなく、フロアから親柱を立てて木製の手摺を採用されました。

 

家全体の雰囲気に合わせて階段も全て木製での仕上がりとなり、

「木を全面的に押し出すような仕上がりにしたい」というご希望に沿うことが出来ました。

 

吹き抜けの開放感とケ込板のないスケルトン階段で光と風も通る、

明るく木の温もりがあるとても素敵なお家になりました。