限られた空間に階段を掛けたい!

営業部の舩岡です。

 

長崎県の別荘地で、リノベーション現場のお話をいただきました。

ご要望としては、“限られた空間の中で階段を付けたい”とのことでした。

 

実際に図面を拝見させていただくと、本当に限られた空間だったので階段を掛けるイメージが出来ず、

建設会社様へ足を運び、お施主様でもある社長様と直接お話をさせていただくことに。

 

ご要望等、直接お話をさせていく事でイメージが出来ました。

今回の階段は、踏み板の形状が特徴的な互い違い階段です。

 

 

狭い空間でも互い違いの階段にすることで、踏面を確保することが出来ます。

 

 

今回の階段は、初めて手掛けさせていただく形状の階段で苦戦しましたが、

とても勉強になったので、次回からの打ち合わせに活かしていきたいと思います。