スケーターにとっての階段とは

生産管理課の堤です。

 

今年春先辺りから子供がスケートボードを始めました。

なので少し自分も興味を持ち始め、オリンピックで更に関心が湧き、子供と色々な話をするようになりました。

その中で、もしかしてスケートボードをモチーフにした階段ができないかと子供に相談してみました。

出てきた意見は、「そういえばプロスケーターの自宅が紹介されている画像の中に、階段もあったよ」と言われ、見せてもらいました。

 

 

そう!

スケーターにとって階段はプレイする場所だったんですね!

ハンドレイルと言うそうです。

それにしても、この階段かっこいいですね!

スケーターでない自分でもいいなと思いました。

 

これからもいろんな階段を想像していきたいと思います。